読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「みんなやってる」、だから何?

なんだって選んでいいよ。 「みんなやってる」から、やってもいいし 「みんなやってる」から、やらなくてもいい。 右向け右、でみんなが右を向くのなら 右向いて同じ景色を味わって みんなと深めあうのもアリだし 左向いて違う景色を味わって みんなと広めあ…

5月5日、人生が変わった運命の日。

ちょうど4年前の今日、 私は私を生きると決めました。 頭でどうにか向かっていた方向に 心が反応するまま「NO」を伝えた。 頭でアクセル踏みながら 心でブレーキかけてたことに、 ようやく決着がついた日。 「公務員を目指すのはやめよう。」 その日もいつも…

いのちの名前

「今世でやるべきことは 生まれたときから決まってるから、 それをただ真摯にやっていくだけ。」 「何しててもやっちゃうことだから。」 「名前であれ役職であれ何であれ、 続けるうえでの借り物に過ぎないよ。」 ↑どこかの高額セミナー・・・でなしに、 友…

『やりたいことやって生きるなんて、とんでもない!』

やりたいことやって生きていきたいんだ。 だけど就職活動で選択を迫られたいま、 自分のやりたいことが分からない。 「やりたい」に蓋をしてきたから、 「やりたくない」にも蓋してきたから、 そのあたりの感覚が鈍ってしまったの。 リハビリが必要なの。 感…

おいしい空気の吸い込みかた。

それは思い出してでも 想像してでもいいんだけど。 ながーい間ずっと入ってた 暗くて温かいお母さんのおなか。 から、いよいよ その時がやってきて ぐーっと押し出される。 ぐいぐい圧を感じながら いっきに外側の世界へ。 瞬間、 これまでにない明るさに包…

「NO」が言えなかった大学生の末路。

言い換えるなら、 「他人軸」で生きてきたお子様が 大学生になって困ったという話。 生活するうえで「NO」が言えないとどうなるか? → あらゆることが「他人のせい」 → そもそも「自分」が分からない → 無気力、無関心、消極的 振り返った自分自身でも驚くく…

「自分探し」は、可能性への飽くなき探究。

「自分探し」は、恥ずかしいことですか? いい年した大人がやるもんじゃない? 外国に探しに出るようなもんじゃない? だって自分、そこに居るじゃん。って? あっ、左様ですか。失礼しました。 思わず声を荒げて否定したくなるような 負のあなたを起こしち…

日本とデンマーク、具体的にどう違う?教育篇

Børn skal kede sig. 「子どもに退屈を与えよ」という 北欧デンマークのことわざがあります。 子どもは退屈すると遊びを考えるようになる。 そこから自主性や創造力が育まれ、 遊びを通して社会性を身につける。 デンマークで出会った社会人に 「どうしてそ…

このさき5年間を変えていく選択。

ふとした流れで見つけた記事、 天才コピーライターひすいこたろうさんが 5年前の2011年に発行した 名言セラピー【反転】 archives.mag2.com 読み進めていくうちに 胸が高鳴るのを感じました。 なんとなんと、 革命はもう道半ばまできていたのか。 私たちが…

「ねぇ、大人になるってどんな感じ?」

「思い出がたくさんあるんだよね」 「車を運転できるんだよね」 「ラーメン屋さんに行けるんだよね」 尊敬する恩師のひとり、 日本メンタルヘルス協会の衛藤信之先生が 何度も伝えてくださるメッセージ。 小児がん病棟にいる子どもの夢は 『大人になること』…

欲しかったのは「勝ち」でも「負け」でもない世界。

高校生活をともにした友人と 先日、久しぶりに会いました☆ お互いに高校生だった頃は 同じ空間で一日を過ごして 同じことをひたすら勉強して 同じ制服を着ていたのに、 卒業後6年(!?)も過ぎると すっかり別の世界を生きていた。 不思議! あの頃は ずっ…

「コミュ力低い」のはぶっちゃけ、社会のせいにしてもいい。

だってそれまでとりたてて 教えてもらえなかったでしょう? 社会で幸せに生きていくうえで コミュニケーション能力が いかに必要とされるかなんて。 がんばってがんばって、 好きなことする時間までも ときには犠牲にして、 必死に頭に詰め込んだ 帰納法。 …

「若いから」と否定してくる人への対処法。

「あなたは若いからそう言えるのよ」「経験がないからそう言っていられるの」「社会でそれは通用しないんだよ」・・・以上、私の《本音》に対して もう幾度となくかけられてきた言葉。しない、させない、言わせない、、たいがいはネガティブな方向に 私をコ…

「当たり前にできること」って、実は「すごいこと」。

暮らしを旅する文筆家、海月なおこです( ´ ▽ ` )ノ 現在はとある「立ち上げ」のお手伝いとして、京都に住み込んでいます。 日々お手伝いを重ねながら実感しているのが、「当たり前にできることこそ、すごいのだ」という事実。 たとえば私は『文字を読んで理解…

『常識』は、半径1メートル以内の人々がもつ思想の総和にすぎない。

暮らし場所を変えれば変えるほど、身に沁みていること。 「世の中の常識」といえど、軸のところにいるのは自分なのだという話です。 ▼1つ前の記事でもちらりと触れましたが、 www.um-nao.com 私が最近覆された『常識』は、 インターネットの存在と便利さを知…

あなたが想像するよりも、世界はずっと広くて自由だ。

『世界』を広げるのにインターネットは役立つけれど、 『世界』を狭めるのもまた、インターネットの功罪である。 ・・・そんなことをつくづく感じた、この1週間。 オンラインな世界とはしばし距離を置き、リア充生活に勤しんでおりました( ´ ▽ ` )ノ ★ 1週間…

たとえ世間に背を向けたって、自分と思いきり向き合っていいんだよ。

暮らしを旅する文筆家、海月なおこです( ´ ▽ ` )ノ 「なんで私、ブログに自分のネタを書くんだろう?」 自分でもちょっぴり疑問に思ったので、今日はそのあたりのことを書きます。 (色々ずけずけと書くほうですが、本体は思いっきりシャイです) (思いっき…

マイペースで生きる、のススメ

暮らしを旅する文筆家、海月なおこです( ´ ▽ ` )ノ 「暮らしを旅する」なんて言いつつ、これまで住んだ拠点は10箇所ほど。経験した職種も10と少しで、まだまだ邁進中です。 大学生まではよくある横並び精神に忠実で、ペースメーカー的な誰かを頼りに生きてい…

「そんなんじゃ、帰国後いい会社には採用されないよ?」

ふと思い出したある日の会話。 ざっくり状況を記しておくと、 わたし:卒業後留学を予定している大学生 相手:勉強会で知り合った2歳上の社会人 場所:駅前のカフェ 「君の話に興味があるから、話を聞かせてくれないか」と誘われたのが始まりでした。 当時の…

とことん落ちて、底辺にへばりつくのもそれはそれで好きです。

いちど底を経験してしまうと、もう上に向かうしか変化の手立てがなくなるから。 「現状維持は衰退だ」 大学の部活動で、とある社会人OBの先輩がしきりに仰っていたこの言葉。 その言葉のもと来る日も来る日も筋トレに励んだ日々…今となってはいい思い出です(…

「なぜ子供に、大学へ行くよう教えるのですか?」

暮らしを旅する文筆家、海月なおこ(@umtk_nao)です。 2016年末からnoteで記事執筆を始めたのですが、私にはしっくり面白くって! せっかく心を込めて書いた記事なので、ブログでも紹介していきます。 ▼ noteとは… note.mu ▼ 海月なおこ 記事一覧 note.mu …

アメブロからはてなブログへお引越し!せっかくなので記録に残します。

暮らしを旅する文筆家、海月なおこ(@umtk_nao)です。 新しいものってわくわくしますよね(`・ω・´) ひきこもり主婦生活でパソコンが玄関な私にとって、新しいブログは新しい遊び場みたいに新鮮で嬉しい存在です♪ 当ブログの前にも、実はアメブロで1年ほど…

海月なおこ * 自己紹介

ご訪問いただきありがとうございます。 『暮らしを旅する文筆家』 管理人の海月なおこです( ´ ▽ ` )ノ (「管理人」って言ってみたかった…!) 初めて踏み込むはてなブログにわくわく(`・ω・´) まずは簡単に自己紹介を書きますね。 現在のこと 春から京都に…

スポンサーリンク