ある日の対話

ねぇ知ってる?やりたいことにも賞味期限はあるの

大学4年生の春のこと。 「私は人生、どうしたいんだろう?」 就職か、進学か、 はたまた別の選択肢か、、 ぐるぐる迷って ひとりでも埒が明かないときに 尊敬する人生の先輩のひとり、 心理学分野で研究をされている方に だだっと相談したことがあります。 …

いのちの名前

「今世でやるべきことは 生まれたときから決まってるから、 それをただ真摯にやっていくだけ。」 「何しててもやっちゃうことだから。」 「名前であれ役職であれ何であれ、 続けるうえでの借り物に過ぎないよ。」 ↑どこかの高額セミナー・・・でなしに、 友…

『やりたいことやって生きるなんて、とんでもない!』

やりたいことやって生きていきたいんだ。 だけど就職活動で選択を迫られたいま、 自分のやりたいことが分からない。 「やりたい」に蓋をしてきたから、 「やりたくない」にも蓋してきたから、 そのあたりの感覚が鈍ってしまったの。 リハビリが必要なの。 感…

「自分探し」は、可能性への飽くなき探究。

「自分探し」は、恥ずかしいことですか? いい年した大人がやるもんじゃない? 外国に探しに出るようなもんじゃない? だって自分、そこに居るじゃん。って? あっ、左様ですか。失礼しました。 思わず声を荒げて否定したくなるような 負のあなたを起こしち…

欲しかったのは「勝ち」でも「負け」でもない世界。

高校生活をともにした友人と 先日、久しぶりに会いました☆ お互いに高校生だった頃は 同じ空間で一日を過ごして 同じことをひたすら勉強して 同じ制服を着ていたのに、 卒業後6年(!?)も過ぎると すっかり別の世界を生きていた。 不思議! あの頃は ずっ…

「若いから」と否定してくる人への対処法。

「あなたは若いからそう言えるのよ」「経験がないからそう言っていられるの」「社会でそれは通用しないんだよ」・・・以上、私の《本音》に対して もう幾度となくかけられてきた言葉。しない、させない、言わせない、、たいがいはネガティブな方向に 私をコ…

「そんなんじゃ、帰国後いい会社には採用されないよ?」

ふと思い出したある日の会話。 ざっくり状況を記しておくと、 わたし:卒業後留学を予定している大学生 相手:勉強会で知り合った2歳上の社会人 場所:駅前のカフェ 「君の話に興味があるから、話を聞かせてくれないか」と誘われたのが始まりでした。 当時の…