読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフスタイル

好きなことのために、好きなことでお金を稼ごうと決めたこと。

▼こちらの記事の続きです。 www.um-nao.com 『世界一幸福度が高い』国、デンマーク。 その国が成り立ち、現在も維持されているのは 他ならぬ、それを支える人的資源の質の高さゆえ。 人的資源の質を高めているのが教育であり とりわけ特徴的な教育機関folkeh…

最近のわたしのお財布事情。

突然ですが告白します(・ω・)ノ 実はわたし、、 『逃げるは恥だが役に立つ』 森山みくりちゃんと同じ、 雇われ専業主婦をしています :*:・( ̄∀ ̄)・:*: 『逃げ恥』のお話と違うのは 雇い主がいけめんメガネ男子ではなく 家族であること。 (星野源の平匡さん…

「自分探し」は、可能性への飽くなき探究。

「自分探し」は、恥ずかしいことですか? いい年した大人がやるもんじゃない? 外国に探しに出るようなもんじゃない? だって自分、そこに居るじゃん。って? あっ、左様ですか。失礼しました。 思わず声を荒げて否定したくなるような 負のあなたを起こしち…

欲しかったのは「勝ち」でも「負け」でもない世界。

高校生活をともにした友人と 先日、久しぶりに会いました☆ お互いに高校生だった頃は 同じ空間で一日を過ごして 同じことをひたすら勉強して 同じ制服を着ていたのに、 卒業後6年(!?)も過ぎると すっかり別の世界を生きていた。 不思議! あの頃は ずっ…

「当たり前にできること」って、実は「すごいこと」。

暮らしを旅する文筆家、海月なおこです( ´ ▽ ` )ノ 現在はとある「立ち上げ」のお手伝いとして、京都に住み込んでいます。 日々お手伝いを重ねながら実感しているのが、「当たり前にできることこそ、すごいのだ」という事実。 たとえば私は『文字を読んで理解…

『常識』は、半径1メートル以内の人々がもつ思想の総和にすぎない。

暮らし場所を変えれば変えるほど、身に沁みていること。 「世の中の常識」といえど、軸のところにいるのは自分なのだという話です。 ▼1つ前の記事でもちらりと触れましたが、 www.um-nao.com 私が最近覆された『常識』は、 インターネットの存在と便利さを知…

あなたが想像するよりも、世界はずっと広くて自由だ。

『世界』を広げるのにインターネットは役立つけれど、 『世界』を狭めるのもまた、インターネットの功罪である。 ・・・そんなことをつくづく感じた、この1週間。 オンラインな世界とはしばし距離を置き、リア充生活に勤しんでおりました( ´ ▽ ` )ノ ★ 1週間…

マイペースで生きる、のススメ

暮らしを旅する文筆家、海月なおこです( ´ ▽ ` )ノ 「暮らしを旅する」なんて言いつつ、これまで住んだ拠点は10箇所ほど。経験した職種も10と少しで、まだまだ邁進中です。 大学生まではよくある横並び精神に忠実で、ペースメーカー的な誰かを頼りに生きてい…

とことん落ちて、底辺にへばりつくのもそれはそれで好きです。

いちど底を経験してしまうと、もう上に向かうしか変化の手立てがなくなるから。 「現状維持は衰退だ」 大学の部活動で、とある社会人OBの先輩がしきりに仰っていたこの言葉。 その言葉のもと来る日も来る日も筋トレに励んだ日々…今となってはいい思い出です(…