読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留学

苦しみながら見えてきた、『人生の学校』の本質について。

デンマークに到着し、いよいよ始まった 『人生の学校』での生活。 いまだかつてない自由な生活に、 喜びつつも恐怖を感じていたのでした。 「自由な時間」って、一体どう過ごすのが正解なんだろう? 悩んだのは、授業以外の空き時間。 最初のうちはみんな自…

初めて身を置く「自由すぎる」北欧の学校で、感じたこと。

▼こちらの記事の続きです。 www.um-nao.com ひとが発する「大好き!」に触れたら、 自分のなかにも同じ熱意がふわっと広がった。 かつて「あかりを灯すこと」と名付けられた 人と人との対話を通して生まれる体験、 「生きた学び」ってこんなかんじか! 意気…

「させられる」教育とは一線を画して、「場を楽しむ」ための教えを受けたこと。

▼こちらの記事の続きです。 www.um-nao.com 「はたらく」という大義名分をもって 普段なかなか足を踏み入れない世界で ときめきながら貯まっていったお金。 ちょこっと予算に余裕ができたので デンマークに本格的に飛び立つ前に フィリピンへ語学留学にも行…

『日本では子どもを叩くんですか?』

それは、大学4年生のときに デンマークへ短期研修したときのこと。 研修先の国民学校にて 校長先生とお話をする機会がありました。 ※ 国民学校 ≒日本の小学校+中学校 ≒日本の義務教育期間 △視察に伺った、学校の図書室。 学校のシステムや生徒の様子、 先生…

「コミュ力低い」のはぶっちゃけ、社会のせいにしてもいい。

だってそれまでとりたてて 教えてもらえなかったでしょう? 社会で幸せに生きていくうえで コミュニケーション能力が いかに必要とされるかなんて。 がんばってがんばって、 好きなことする時間までも ときには犠牲にして、 必死に頭に詰め込んだ 帰納法。 …

「そんなんじゃ、帰国後いい会社には採用されないよ?」

ふと思い出したある日の会話。 ざっくり状況を記しておくと、 わたし:卒業後留学を予定している大学生 相手:勉強会で知り合った2歳上の社会人 場所:駅前のカフェ 「君の話に興味があるから、話を聞かせてくれないか」と誘われたのが始まりでした。 当時の…