過去のこと

苦しみながら見えてきた、『人生の学校』の本質について。

デンマークに到着し、いよいよ始まった 『人生の学校』での生活。 いまだかつてない自由な生活に、 喜びつつも恐怖を感じていたのでした。 「自由な時間」って、一体どう過ごすのが正解なんだろう? 悩んだのは、授業以外の空き時間。 最初のうちはみんな自…

初めて身を置く「自由すぎる」北欧の学校で、感じたこと。

▼こちらの記事の続きです。 www.um-nao.com ひとが発する「大好き!」に触れたら、 自分のなかにも同じ熱意がふわっと広がった。 かつて「あかりを灯すこと」と名付けられた 人と人との対話を通して生まれる体験、 「生きた学び」ってこんなかんじか! 意気…

「させられる」教育とは一線を画して、「場を楽しむ」ための教えを受けたこと。

▼こちらの記事の続きです。 www.um-nao.com 「はたらく」という大義名分をもって 普段なかなか足を踏み入れない世界で ときめきながら貯まっていったお金。 ちょこっと予算に余裕ができたので デンマークに本格的に飛び立つ前に フィリピンへ語学留学にも行…

好きなことのために、好きなことでお金を稼ごうと決めたこと。

▼こちらの記事の続きです。 www.um-nao.com 『世界一幸福度が高い』国、デンマーク。 その国が成り立ち、現在も維持されているのは 他ならぬ、それを支える人的資源の質の高さゆえ。 人的資源の質を高めているのが教育であり とりわけ特徴的な教育機関folkeh…

「普通」の枠組みを外すべく、海外渡航を決めたこと。

▼ こちらの記事の続きです。 www.um-nao.com 縁あって「命」のバトンを引き受けたからには これまで「普通」とされ繰り返されてきた 生活習慣病的「生きづらさ」を改善してみようと あえて「普通」とは別の道を探ってみることにしました。 それまで意識して…

「やらなかった」でも「できなかった」でもなく、「知らなかった」だけのこと。

最近めっきり春めいてきたからか 素敵な人たちとの出会いが重なったからか やぼーーーをふつふつと思い出しました。 たしかにかつては抱いていたのに いつの間にか、暮らしのあれこれに紛れて すっかり意識の外に追いやっていた。 私のやぼーーーは、 生きて…

暴力をふるうけど「虐待じゃない」と言い張る親は無知なだけ。

先日、twitterにて興味深いつぶやきが流れてきました。 いきなり何のカミングアウトなんだって感じなんですけど、普通の家庭で育ったと思ってたら虐待されてたっぽかったんですよ 人生がつらいみんなカウンセリングに行ってくれ! よろしく頼みます pic.twit…

『社会に馴染めず死にかけたコミュ障が、それでもなお生き続けている理由。』

今でこそ「集団生活に不向きなんで( ´ ▽ ` )ノ」とあっさり言えちゃう、どころかブログに書けちゃう私ですが、10代の頃はそれはもう悩みました。いっぱい悩んで試行錯誤するけどどうしようもなくて、だいたい夜になったら涙が出て。 「なんで私だけ???」「…

最近のわたしのお財布事情。

突然ですが告白します(・ω・)ノ 実はわたし、、 『逃げるは恥だが役に立つ』 森山みくりちゃんと同じ、 雇われ専業主婦をしています :*:・( ̄∀ ̄)・:*: 『逃げ恥』のお話と違うのは 雇い主がいけめんメガネ男子ではなく 家族であること。 (星野源の平匡さん…

ねぇ知ってる?やりたいことにも賞味期限はあるの

大学4年生の春のこと。 「私は人生、どうしたいんだろう?」 就職か、進学か、 はたまた別の選択肢か、、 ぐるぐる迷って ひとりでも埒が明かないときに 尊敬する人生の先輩のひとり、 心理学分野で研究をされている方に だだっと相談したことがあります。 …

せっかくですが、興味ないので結構です。

『インチキ商法が流行ってますよ〜』 という注意喚起を見かけたその日に 『○○で簡単に100万稼ぎませんか♡』 というメッセージが届きました。 なんてタイムリー:*:・( ̄∀ ̄)・:*: いろんな集まりに顔を出したり 自由なライフスタイルを追究したり 私自身がそ…

5月5日、人生が変わった運命の日。

ちょうど4年前の今日、 私は私を生きると決めました。 頭でどうにか向かっていた方向に 心が反応するまま「NO」を伝えた。 頭でアクセル踏みながら 心でブレーキかけてたことに、 ようやく決着がついた日。 「公務員を目指すのはやめよう。」 その日もいつも…

いのちの名前

「今世でやるべきことは 生まれたときから決まってるから、 それをただ真摯にやっていくだけ。」 「何しててもやっちゃうことだから。」 「名前であれ役職であれ何であれ、 続けるうえでの借り物に過ぎないよ。」 ↑どこかの高額セミナー・・・でなしに、 友…

『やりたいことやって生きるなんて、とんでもない!』

やりたいことやって生きていきたいんだ。 だけど就職活動で選択を迫られたいま、 自分のやりたいことが分からない。 「やりたい」に蓋をしてきたから、 「やりたくない」にも蓋してきたから、 そのあたりの感覚が鈍ってしまったの。 リハビリが必要なの。 感…

「NO」が言えなかった大学生の末路。

言い換えるなら、 「他人軸」で生きてきたお子様が 大学生になって困ったという話。 生活するうえで「NO」が言えないとどうなるか? → あらゆることが「他人のせい」 → そもそも「自分」が分からない → 無気力、無関心、消極的 振り返った自分自身でも驚くく…

「ねぇ、大人になるってどんな感じ?」

「思い出がたくさんあるんだよね」 「車を運転できるんだよね」 「ラーメン屋さんに行けるんだよね」 尊敬する恩師のひとり、 日本メンタルヘルス協会の衛藤信之先生が 何度も伝えてくださるメッセージ。 小児がん病棟にいる子どもの夢は 『大人になること』…