読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このさき5年間を変えていく選択。

人気記事 人生哲学 社会

 

ふとした流れで見つけた記事、

 

天才コピーライターひすいこたろうさん

5年前の2011年に発行した

名言セラピー【反転】

 

archives.mag2.com

 

 

読み進めていくうちに

胸が高鳴るのを感じました。

 

なんとなんと、

革命はもう道半ばまできていたのか。

 

私たちがいま生きている時代を

大きな流れで捉えてみたい人には

是非とも読んでほしい記事!

 

 

 

f:id:naoko_u:20170420164800j:plain

 

 

 

大きな自然災害や危機を合図に、

世のなかに起こる革命。

 

それは、

 

それまで信じられていた「普通」が

ことごとく「反転」していくこと。

 

 

150年前に起こった未曾有のピンチ

(黒船来襲、安政の大地震・大津波)は

大政奉還という大革命をもたらした。

 

同じ流れが、2011年から起こりつつある…

歴史の流れからひすいさんが読み解く、

今回の革命の行き先とは。

 

 

一部抜粋しますね。

 

 

お金を「稼ぐ」ことに価値が置かれていた現代、

これがこれから反転していくことになるでしょう。

 

 

「所有」という概念の反転も始まっています。

最近、家をシェアする人や、

車をシェアするような流れがきています。

 

 

また、大から小へ。

組織で働くことから、

小さなつながりのなかでプロジェクトが立ち上がる流れに反転してきています。

 

 

現在、あまりいい印象をもたれていない

二―ト、オタク、ウツの人たちの中から、

新しい才能が生まれてくる、そんな反転もありそうです。

 

 

「男性社会」から「女性社会」へ

「大人社会」から「子供社会」へ

このあたりも反転しそうです。

 

 

目に見えるものから、目に見えないものを大切にする流れへの反転も始まっています。

 

 

・・・抜粋終わり。

 

 

この文章が書かれたのが5年前、

 

完全に「反転」するのが

当時の10年後だとしたら

 

もう半分まできているわけです。

 

 

言われてみると確かに!

 

 

私個人をとってみても

 

「稼ぎ」よりも「やりがい」のある仕事に就いて

「組織」よりも「つながり」のなかで自分を活かして

「シェアハウス」に住んでいる。

 

 

入ってくる情報も、

 

「女性」の発信がなにより心に響いて

「大人になりなさい!」よりも

「子供でありなさい!」のメッセージが強い。

 

 

「ニート、オタク、ウツの人たち」なんてもう

資源の宝庫だと、私も思います。

 

ちなみに私自身も

ニート、オタク、ウツ、

一時期ながら全部経験済み:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

それはきっと、

「反転」後の社会に欠かせない人たち。

 

 

新しい社会を作るうえで

新しい「生きやすさ」を組み込むために

 

あえて今は「生きづらさ」を感じられるように、

 

「反転」前には合わない性質を

備えて生まれてきたのだと、解釈しています。

 

 

→そのあたりを考えたらもう、

おのずと進むべき道は明らかになる。

 

迷ったときは

新しい時代に即したものを選ぶ。

 

その選択が新しい時代を作るから。

 

 

 

 

・・・あーーもう!こういう話、

大好き!!!なんです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

「革命家」である水瓶座の血が騒ぐ。

 

そんな水瓶座として生まれてきたのも

役割あってのことなんだろうなーー

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水瓶座の君へ [ 鏡リュウジ ]
価格:1028円(税込、送料無料) (2017/4/20時点)

水瓶座として生まれてきたのが心から嬉しくなった本。

 

 

 

生きづらい「普通」は「反転」させていく。

 

そうやって選び続けて迎える5年後が、

そこに向かうまでの5年間が、

 

今から楽しみで仕方ないのです( ´艸`)

 

 

 

 

(2016年2月執筆のアメブロ記事を再掲載)

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あした死ぬかもよ? [ ひすい こたろう ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/4/20時点)

ひすいこたろうさんおすすめ本!1

「死」を通して「生」と向き合える質問集。

 

ひすいこたろうさんおすすめ本!2

あらゆる「こんなときどうする?」に優しい答えを受け取れます。

 

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます(*^^*)

 

 

海月なおこ

 

 

スポンサーリンク