読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せっかくですが、興味ないので結構です。

 

 

『インチキ商法が流行ってますよ〜』

という注意喚起を見かけたその日に

 

『○○で簡単に100万稼ぎませんか♡』

というメッセージが届きました。

 

 

なんてタイムリー:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

 

f:id:naoko_u:20170422171734j:plain

 

 

いろんな集まりに顔を出したり

自由なライフスタイルを追究したり

 

私自身がそんなことしてるので

謎の投資話がたまに入ってきます。

 

  • 生活に不自由しない収入
  • 自分の身は自分で守る
  • 不労所得
  • ワクワクする設立者の想い
  • 特別なあなただけに♡


言ってることはそりゃ真っ当だけど

言ってる人が信用ならんから

ふーん?って感じです。

 

 

こんなのに引っかかる人いるの?っ

呆れちゃうようなのもありますが

 

そんなのに引っかかる人がいるから

商売が成り立ってる模様。

 

そんなのに引っかかっちゃうほど

  • 判断力がない人。
  • 孤立している人。
  • 救いを求めて視野が狭くなってる人。
  • 妄信しがちな人。

・・・を、ふるいにかけるための

『そんなの』なんだとか。

 

 

実際、そういう詐欺集団の手口って巧みです。

 

ホンモノの心理テクニックを使って

ニセモノの幻想とか安らぎを売っている。

 

何がニセモノか、については

大いに議論の余地があるけれど。

 

じわりじわりと魂が浸食されるもの。

 

 

まあ、

本人がそれで救われるなら勝手にすればいい。

 

と、他人については思います。

 

 

厳しいのは自分へのチェックだけ。

 

  • 本当にそれ、したい?
  • 本当にそれ、欲しい??
  • お金と時間を費やすだけの価値がある???

 

だいたい外部基準で損得勘定しちゃうことって

外れることが多いです。笑

 

有利だから〜とか

社会的に〜〜とか

偉い人が言うから〜〜〜とか。

 

 

私の場合、最近では

『美容』に関する投資話がありました。

 

すごく熱心に魅力を伝えてくれて。

各界の著名人のいちおしコメントがあって。

時流との関連性を教えてくれて。

 

中心人物の素晴らしさとか。

 

私の素晴らしさとか。

↑このあたりとか、

普段報われてない人ほど

ハマるんだろうなーっていう

褒めちぎりっぷり。

 

 

ほえー、面白そうですね。

で、その商品は???

 

 

 

・・・( ´艸`)・・・

 

 

 

肝心の商品、それがどーーーしても

私には受け入れられない代物でした。

個人の好みの問題です。

 

お金もらってもそれをPRするのはちょっと。。。

えっ、私がお金払うの??? ウン十万!???

 

 

最初に高いお金を払ってしまえば

あとは不労所得が入ってくるのだと。

 

それでプラマイゼロになるどころか

一定期超えたら儲かる一方ですよと。

 

 

その話がホンモノであれニセモノであれ、

私には縁のない世界だな、と思いました。

 

だってそのちっともときめかない商品に

自分の時間もお金も使いたくないから。

 

(ちやほやしてくれる集団の輪に入れても。)

(「凄い人」から特別扱いされても。)

(国を挙げてのブームがやってきても。)

 

私が私を冒涜してどうする。

 

100%儲かるお話だったとしても

お受けしなかったと思います。

 

 

そんなもん(興味もてないもの)に

時間とお金を費やすくらいなら、

もっと面白いものを探して味わうことに使いたい。

 

他人が思う「絶対」なんて要らない。

 

頑固な女ですけん:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

逆に、100%の目に見える保証がなくても

直感でぴんときて乗っかったものには

当たることが多いです。

 

というか、外れた試しがない。

 

 

デンマークの人生の学校や

日本メンタルヘルス協会の心理学、

水輝ハニーさんのビジネス塾。

 

知れば知るほど、

触れれば触れるほど、

 

いまの私に必要なもの全部

受け取っている気がします。

 

 

私の直感、美意識って当たるんですよね。

 

私限定で。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

だから読んでくださっている

あなたに「当たる」かと言えば、

そうじゃないかもしれない。笑

 

 

判断主体は自分だというお話です。

 

 

 

 

(2016年8月執筆記事を再掲載)

 

 

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます(*^^*)

 

 

海月なおこ